2017年10月27日(金)カテゴリ:お知らせデザイン印刷本・装丁・造本泉鏡花

英語版 絵本化鳥 刊行!世界発信へ。

ついに10月25日に『英語版 絵本化鳥』が解禁!英訳タイトル『A Bird of a Different Feather』。全国の書店、いや国内外にて絶賛販売中です\(^o^)/

 

 

『A Bird of a Different Feather』(異なった羽の鳥)

文:泉 鏡花  絵:中川 学  訳:ピーターバナード   出版社:国書刊行会

英語版ではありますが、化鳥の原文は日本語で掲載されています。

2012年に日本語版の『絵本化鳥』が制作され、5年後に英語版となって戻ってきました。もちろん同作品が翻訳されるのは初めてです。今回一番の功労者とも言えるのは、英訳を担当されましたピーター・バナードさん(28歳)。米国ハーバード大大学院博士過程に在籍し、1年前から慶応大学で日本文学を研究されています。もともと怪奇・幻想文学が好きで、偶然にもハーバード大の図書館で日本語版の絵本化鳥を読んでいたそう。もうここから鏡花とのご縁があったんですね。

左:日本語版絵本化鳥 右:英語版絵本化鳥

題字:上田普(書家) 題字+背:銀箔押し

本制作としてのデザインコンセプトは前回同様、鏡花本として、書物としていかに美しく仕上げるか。手に取りたくなるものを残せるか。鏡花+中川さんのファンはもちろん、未だ知らない方たちにも興味を持っていただけるか。世界に恥じないものを発信できるか。

制作にあたり、英語ですので本の開く方向が左開きに変わりました。また日本語版化鳥を継承しつつ、どこか新しい装丁、デザインにできないかと考え、カバーの上田普氏による日本語題字+銀箔押し+落款、羽エンボスは継続。そこに英語タイトルが加わる方向になりました。ただ英語版ですので帯がない分、余白が多くなり、英文字の配置には少し苦労しました。それにしても完成度の美しさ。見本が届いた時、うわあ〜ええやんかっ!!て言いました(^^)国書刊行会さん、印刷、加工の業者のみなさま、本当にありがとうございました。

表紙絵は新しくし、橋のシーンをアレンジしています。日本語版と見比べていただくのも楽しいです。本文にあたる中川さんの絵に変更はなく、日本語部分を全て英語に置き換え再レイアウトしました。それに加えであまり文字と絵が重ならないように、と。にこれがなかなか大変なんでして。

本来日本語が綺麗に収まるように構成されていますので、英語文脈のつながりによって改行の位置、行間等が変わり、綺麗に収めるために何度とピーターさんとメールで確認のやり取りをして何とか収める事ができました。ひと安心(^^)

でもそれ以上に、鏡花の世界は直訳しても英語にならないような独特の文体。まして「化鳥」の初翻訳。そして国内外の書店での販売のほか、欧米などの大学や研究機関にも寄贈されるとのこと。そう、世界発信です。世界中の方々に読まれると思えばとても光栄で嬉しい事ですが、上手く解釈し意訳する事を考えると責任重大。私にとっても感慨深い作品のひとつになったのは間違いありませんが、ピーターさんにとってもハードルの高い挑戦であり、想いのこもった作品になったのではと思います。

解説文:可読性保つ文字の大きさで統一させています。ほぼ気づかないと思いますが前回同様、黒の文字は詰まって見づらくなることを防ぐために、少し文字色のトーンを落としています。

「化鳥」原文もあります。縦書き掲載ですので、原文のみ右開きからで読んでくださいませ。

 

さあ、『英語版絵本化鳥』はどこまで羽ばたいていくのでしょうか。とても楽しみです(*^_^*)

ピーターさんをはじめ、中川学さん、上田くん、泉鏡花記念館の学芸員 穴倉さん、国書刊行会 礒崎さん、東雅夫さん、吉田先生、泉鏡花フェスティバル実行委員会はじめ関係者みなさま、ありがとうございました。

 

そして来月15日から5日間、金沢市民芸術村にて「金沢泉鏡花フェスティバル2017」がはじまります。

その中のイベントとして、19日(日/最終日)にはピーターさん、中川さん、絵本化鳥監修の東雅夫さんとのトークイベントがあります。こちらもぜひ足をお運びください。(入場無料/申込不要)

そして、この鏡花フェス内のイベントのひとつとして18日と19日の2日間、『絵本化鳥』のキャラクターを使ってTシャツとバック制作のワークショップを行います。参加費はナント500円!しかもTシャツ等の材料費込み+αの特典付き!!

詳細は鏡花フェス公式サイトFB内をご覧いただき、ご参加ください。

要事前申し込み/詳しくはまたブログ等でご案内します。)

 

 

 

 

 

リンク
iD.
カテゴリ
お知らせ (211)
デザイン (154)
印刷 (51)
アート (131)
M・C・エッシャー (6)
音楽・映画 (10)
飲食 (13)
パズー・パン (24)
その他 (36)
旅 (19)
アパレル (3)
泉鏡花 (5)
本・装丁・造本 (5)
webデザイン (1)
シンボルロゴデザイン (2)
アーカイヴ
2017年10月 (2)
2017年8月 (1)
2017年7月 (2)
2017年5月 (1)
2017年4月 (1)
2017年3月 (2)
2017年1月 (3)
2016年9月 (3)
2016年7月 (1)
2016年6月 (2)
2016年5月 (1)
2016年4月 (2)
2016年1月 (4)
2015年11月 (6)
2015年10月 (2)
2015年9月 (1)
2015年8月 (1)
2015年7月 (1)
2015年6月 (3)
2015年4月 (1)
2015年3月 (2)
2015年2月 (3)
2015年1月 (4)
2014年12月 (4)
2014年11月 (4)
2014年10月 (2)
2014年8月 (1)
2014年7月 (1)
2014年5月 (2)
2014年4月 (1)
2014年3月 (3)
2014年2月 (2)
2014年1月 (2)
2013年12月 (3)
2013年11月 (3)
2013年10月 (5)
2013年8月 (3)
2013年7月 (2)
2013年6月 (2)
2013年5月 (3)
2013年4月 (3)
2013年3月 (4)
2013年2月 (2)
2013年1月 (10)
2012年12月 (3)
2012年11月 (5)
2012年10月 (2)
2012年9月 (2)
2012年8月 (1)
2012年7月 (6)
2012年6月 (4)
2012年5月 (3)
2012年4月 (4)
2012年3月 (2)
2012年2月 (5)
2012年1月 (2)
2011年12月 (1)
2011年11月 (5)
2011年10月 (5)
2011年9月 (2)
2011年8月 (1)
2011年7月 (4)
2011年6月 (4)
2011年5月 (2)
2011年4月 (2)
2011年3月 (5)
2011年2月 (5)
2011年1月 (2)
2010年12月 (4)
2010年11月 (4)
2010年10月 (6)
2010年9月 (3)
2010年8月 (5)
2010年7月 (5)
2010年6月 (7)
2010年5月 (2)
2010年4月 (3)
2010年3月 (7)
2010年2月 (4)
2010年1月 (4)
2009年12月 (6)
2009年11月 (8)
2009年10月 (8)
2009年9月 (8)
2009年8月 (9)
2009年7月 (3)
2009年6月 (6)
2009年5月 (5)
2009年4月 (5)
2009年3月 (9)
2009年2月 (9)
2009年1月 (8)